石嶋設計室

幕張ビーチテラス

h2_building_gaikan
計画地:千葉県千葉市/幕張ベイタウン
用途:共同住宅
戸数:366戸
敷地面積:14,108.63 m2
建築面積:8,065.19m2
延床面積:39,227.40m2
構造・規模:RC造・地上18階
建築主:清水建設グループ
    三井不動産グループ

|

ベイタウンのコーナー(マスタープラン模型1/500)

ベイタウンのコーナー(マスタープラン模型1/500)

ベイタウンのコーナー(実施設計模型1/200)

ベイタウンのコーナー(実施設計模型1/200)

ベイタウンのコーナー(竣工写真)

ベイタウンのコーナー(竣工写真)

南西側(マスタープラン模型1/500)

南西側(マスタープラン模型1/500)

南西側(実施設計模型1/200)

南西側(実施設計模型1/200)

南西側(竣工写真)

南西側(竣工写真)

曽根幸一・環境設計研究所在籍中から携わってきた幕張ベイタウンの計画に独立後も引き続き関わった。

総戸数366戸、延床面積40,000m2の大規模街区の計画である。ベイタウンの南角に位置するとともに、十数年間継続してきたベイタウン事業の最後を飾る記念碑的なものであり、相応しい計画とする使命が課せられた街区である。

私はこれまでの街区と同様、マスタープラン検討チームの一員として関わり、街区計画のあるべき姿をマスタープラン(企画設計)として示した。

・基本的な考え方:海に最も近いこと、周辺がオープンスペースであることから開放的で海に開いた構成とする。
・配置計画:沿道型の配置には固執せず、海側を大きく開け放ち、街区のどこからも海への眺望が得られるような配置計画とする。
・スカイライン:ベイタウンのコーナーに相応しいタワー住棟を配置する。
・オープンスペース:街区三方の緑を街区内にとりこむよう連続的に構成する。

04年9月からは住棟設計者が加わり、設計は第2ステージに入った。
私たちはマスタープランの理念を元に、より発展的な計画とすべく、設計調整という立場でプロジェクトの一翼を担った。

※曽根幸一・環境設計研究所
 都市デザインワークスと協働