石嶋設計室

ひなた保育園・つくばみらい

ht_01gaikan
計画地:茨城県つくばみらい市
用途:企業主導型保育所
定員:30人
敷地面積:784.09m2
建築面積:336.34m2
延床面積:283.90m2
構造:木造
階数:地上1階

|

広縁

広縁

保育室

保育室

保育室

保育室

0歳児室

0歳児室

0歳児室

0歳児室

事務室

事務室

ロフト

ロフト

キッチンを見る台

キッチンを見る台

小さな空間

小さな空間

園庭

園庭

園庭

園庭

夜景

夜景

 「ひなた保育園・つくばみらい」は、株式会社アンフィニ様にとって2008年11月に開園した福島県いわき市の「ひなた保育園」に次ぐ2園目の直営保育所である。
 設計にあたっては、800㎡弱の大きな敷地を有効に活用すること、また園舎と園庭との緊密な関係を築く園舎づくりを重視した。
 園舎を北側に寄せて配置することで園庭をできるだけ大きく確保し、園舎には日本家屋の特徴である縁側を設けた。この内でも外でもない中間領域は、子どもたちが園庭に出る前のウォーミングアップの場であり、保育室に戻る前のクールダウンの場である。また、幅を2.7m確保することで、日除けの役目とともに、雨天時の外遊びスペースとしても想定している。
 縁側の奧には道路側から事務室、1,2歳児室、0歳児室と並び、奧には水廻りの部屋を配置した。各部屋間を仕切る壁はガラス貼りで端から端まで見渡すことができる。これはいわき市のひなた保育園同様、園内のどこからでも、誰かが、子どもたちを見守ることができるよう意識したことによる。
 園舎内は山型の梁が徐々にずれていくことで均一感を持ちながら緩やかに変化していく構成とし、梁の間にランダムに配置した照明がそれをさらに強調する。
 桐材の箱形家具はすべて可動式で、日常的には間仕切代わりに用いて小さなコーナーをつくることができ、行事時には端に寄せて部屋を大きく使うことも可能である。
 園庭は第一段階として、まずは自然要素を多く取り入れ、四季折々と変化していく設えを施し、そこに出来る限りシンプルな遊びの要素を取り入れた計画としている。これから先の子どもたちの生活を通して、話し合いを重ねながら「みらいへ向かって一歩ずつ育んでいく場」として位置づけている。