石嶋設計室

グローバルキッズ白楽園

白楽_アイキャッチ
計画地:神奈川県横浜市
用途:認可保育所
定員:60人
敷地面積:431.39m2
建築面積:245.73m2
延床面積:418.57m2
階数:地上2階
構造:鉄骨造
外装設計監理:大和ハウス工業
内装設計監理・外装監修:石嶋設計室
写真:黒住直臣

|

 width=

戸建住宅のスケールにあわせて壁面分節したファサード

GK白楽園_夜景 width=

ランダムな開口がより際立つ夜景

 width=

屋上庭園(バルコニー)

 width=

ランダムな開口が特徴的な2階保育室

 width=

勾配天井の2階保育室

畳敷きの0歳児室

畳敷きの0歳児室

 width=

ランチコーナー

 width=

絵本コーナー

 width=

天空光が燦々と入る2階廊下

横浜市神奈川区の戸建住宅地に建つ認可保育所の計画。面積が小さい敷地を有効に利用した都市型の保育園である。
建物は2階建。安全性を重視して1階は0〜2歳の低月齢児室、2階は3〜5歳の高月齢児室を計画した。

容積率が厳しいため、保育室以外の共用スペースの確保が難しく、そのため外部空間との一体利用を重視した。1階ホールと園庭、2階廊下と屋上庭園(バルコニー)、それぞれ掃き出し窓を開ければ室内外が一体となり、豊かな共用スペースとなる。

1階の保育室は、低月齢の子どもたちが落ち着くよう、天井高を2.4mに抑えた静的な空間とした。一方、高月齢児対象の2階は勾配をもった高天井とし、対比的に動的な空間とした。
1階の北側はホール状の空間である。廊下としての機能はもちろんだが、調理室と面しているため、ランチコーナーとしても利用可能である。
北側斜線の影響で軒高が抑えられた2階北側には、天井高が低い絵本コーナーを設けた。床に設けた段差に腰掛けて読み聞かせをする他、子どもたちが静かに遊ぶなどさまざまな用途に対応可能である。

外観は白と濃灰の金属パネルで構成した。戸建住宅に囲まれており、大きな建物がないため、一体的な立面構成では街並みにそぐわないと判断し、南側ファサードを3つの立面に壁面分節して、戸建住宅のスケールに合わせた構成としている。
ランダムでありながらも一定の秩序をもって配置した開口は、近隣の住宅との見合いの関係を避けるとともに、子どもたちにさまざまな景色を提供することを目論んだ。