石嶋設計室

グローバルキッズ荏原町保育園

ebara_i_rouka_ec
計画地:東京都品川区
用途:認可保育所
定員:90人
延床面積:794.67m2
所在階:地上2、3階
受賞:第5回キッズデザイン賞

|

 width=

ガラスの間仕切で仕切られた保育室

 width=

遊戯室

 width=

大きなロビーは保護者どうし、保育士との交流スペース

 width=

廊下は子どもの社交場

 width=

遊具「でんしゃのみち」

 width=

調理室の前に廊下の遊具「ままごとのみち」

 東急大井町線荏原町駅 駅ビルの2・3階にある認可保育所の計画である。
 建物は商店街から一皮北側に入り込んだ位置で敷地一杯に建っている。そのため採光は北側からのみに限定される。そのうえ敷地が幅10m、全長58mと細長いかたちである。

 私たちはこの厳しい制約条件の中で、子どもたちにとっての最善の利益を考慮し、保育園は未来につなげる「生活の場」となるべく、内装から家具・備品に至るまでを荏原町保育園オリジナルとして仕立てあげた。
 特徴的な長い廊下は、子どもの創造性を豊かにするための6mに及ぶ大型遊具を8つ設置し、年月齢の枠を超えた「子どもの社交場」として動的な空間として設えた。
 一方、保育室は生活の場として静的な空間として設えた。腰高の家具やガラスの間仕切は、北側からの天空光の共有に成功した。

 園内の仕上は、これまでの同社の園と同様、内装や家具が多くを主張せず、子どもの作品などが映えるキャンバスとして生成りの色調やムク材の素材感を生かしたデザインとした。
(写真:黒住直臣)