石嶋設計室

六町駅前保育園

保育室
計画地:東京都足立区
用途:東京都認証保育所(認定こども園)
延床面積:93.50m2

|

竣工写真 奥から

竣工写真 奥から

竣工写真 手前から

竣工写真 手前から

 width=

保育室

 width=

スケッチ 奥から

 width=

スケッチ 手前から

室内

室内

保育園の内装の計画である。敷地は開通間もないつくばエクスプレス六町駅前。まだ周辺には建物がなく、これからの街である。私は物件の選択時から関わり、施主と一緒に物件を何カ所か見てまわり、ハコの形状や法的規制などを検証した。

この保育園は、昨今東京都で盛んにつくられている認証保育所と呼ばれるものであり、認可と無認可の中間的な位置づけである。補助金が関係するため、認証基準は結構多い。また、そもそもは駐車場であったため、面積は小さく内装だけでありながらも確認申請を必要とし完了検査も受けた。

さて、保育園の中身であるが、保育室は1室のみのため、食事、睡眠、お遊戯…何にでも使う文字通り多目的ルームである。そのため平面はできる限り単純にした。階段室の食いこみと2つの柱型にはさまれた部分に便所や調理室の水まわりの小部屋を集約し、日当たりの良い南側は奥に長いがらんどうの保育室とした。その中に「小屋」と呼んでいる事務室をアクセントとして配置した。

仕上げについては、0~2歳のこどもをあずかるということもあり、自然素材を積極的に用いた。保育室の床は床暖房の上にコルク、腰壁は赤松ムク板、腰上と天井は和紙クロス貼り、事務室の壁は杉のムク板という構成である。