石嶋設計室

大森山王こども園

IMG_9651
計画地:東京都大田区
用途:東京都認証保育所
定員:40人
延床面積:197.49m2
所在階:地上3階
※内装のみ

|

全景

全景

全景

全景

障子

障子

格子戸

格子戸

アクセントカラーの家具

アクセントカラーの家具

トイレ

トイレ

 東京都大田区の保育園の計画。大森駅前の商店街に面する建物の3階部分に存する。
 設計の開始にあたり事業者から与えられたテーマは「和風の保育園」。前例がないことだったので、本や写真などを広げ、「和風とはなんぞや?」「和風の保育園をつくるとどんな問題が起きるか?」「安全性の確保は?」など、様々な検討をした。

 プランニングは、腰高の家具で緩やかに間仕切ったワンルーム形式。襖や衝立、屏風などで緩やかに間仕切り、冠婚葬祭時はそれらを取り払うことで多目的に利用が可能な、日本の住宅の考え方を採り入れたものである。一部の家具を移動すれば大きな空間ができ、お遊戯会などの行事にも対応が可能となる。

 床は畳と柿渋を塗った杉の無垢板、壁にはしっくい調塗材、天井には濃淡2色の和紙クロスを貼り、積極的に「和」を意識させる構成とした。さらに濃茶に染色した障子や格子戸、シェードで覆った印象的な照明、濃茶の家具やベンガラ色の階段だんす風家具などで、空間を引き締めた。しばらくすれば柿渋を塗った床がより濃くなり、より締まった空間になるはずである。