幕張ベイタウンについて想うこと(後編)

2023.01.13

幕張ベイタウン_パティス11番街_中庭

パティオス11番街(M7-1街区):お手伝い時期1995年頃

幕張ベイタウン_パティオス11番街
パティオス11番街

 11番街はベイタウンの中で最も有名な街区だと思います。世界的な建築家スティーブン・ホール氏が設計を手がけました。この街区は3番街等に代表されるベイタウンの標準的な街区よりも長辺が長く、約70×135mです。そこにホール氏は、ひらがなの「の」の字の住棟配置を提案しました。

 また、規則的な開口が繰り返される「サイレントビルディング」と呼ばれる基壇部と、様々な場所に点在する「アクティブビルディング」を、対比的なデザインとして提案しました。

 前述のとおり、ひとつの街区に複数の設計者を起用するのがベイタウンのルールで、それは立面が縦方向で切り替わることを想定しており、ホール氏の提案は想定外のものでしたので、ベイタウンの全体調整会議で様々な議論が交わされましたが、最終的にはホール氏の提案を概ね認め、3番街の1年後の平成8年3月に竣工しました。

 まだインターネットやメールもありませんでしたので、ホール事務所とのやりとりは常にFAX。日米同時に両方で設計を進めてますので、日本で夜まで働いて帰宅前に国際FAXを送ると、翌朝には返信FAXが帰って来る、時代はバブルの後半、まさに「24時間戦えますか」の世界でした。

 11番街の計画は、前述のセントラルパークと同時期にスタートしました。私はちょうど3番街の実施設計を終えて後は現場監理という状況でしたので、上司から「石嶋は次はM7-1とSH-1、どっちやりたい?」と聞かれました。他にもプロジェクトはあったのですが、次もベイタウンの担当ということは決まっていたようで、完全に沼から抜け出せなくなりました。

 11番街は当初から、ホール氏が企画設計を行うことが決まっていたため、ボクはまだ自由度が高いセントラルパークを選択しましたが、手が空いた時は実施設計のお手伝いをしました。

 最初はどんなものができあがるのか若干心配でしたが、できあがってみるとサイレントビルディングとアクティブビルディングの対比的なデザインは素晴らしく、中庭や住棟下の水盤は周囲に美しい水影を映し出しました。

幕張ベイタウン_パティオス11番街
中庭を静かに歩きました
幕張ベイタウン_パティス11番街_中庭
当初のホールさんの提案は木の後ろに隠れている建物は住棟から吊らされていましたので、その名残で上の方が傾いているんです。さすがに実現しませんでしたが…。
幕張ベイタウン_パティス11番街_中庭
水盤とアクティブハウス
幕張ベイタウン_パティオス11番街
パティオス11番街と言えばこのアングル(当日の写真ではありません)

幕張ビーチテラス(H2-2街区):2003年10月〜2007年3月

 セントラルパークの次に担当したのが、幕張ビーチテラスです。セントラルパーク以降、三井不動産グループと清水建設グループは、共同事業体制で行くことになりました。ビーチテラスがセントラルパークと異なるのは、幹事企業が変更になる点です。セントラルパークが三井不動産グループが幹事でしたが、ビーチテラスは清水建設グループが幹事となることが最初から決まっていました。

 計画設計調整者は、デベロッパーと一体ですので、ビーチテラスの企画設計と設計調整を行うのは曽根さんではなく、清水建設グループの計画設計調整者である故・大村虔一先生が行うことになり、曽根さんはひとりの住棟設計者になりました。

 大村先生は元々都市計画設計研究所という都市計画事務所を主宰され、都市計画の第一線で活躍されてきましたが、この当時は事務所から離れ、母校の東北大学に戻って教授をされていました。したがってスタッフがいなく、研究室の卒業生が仙台市で活動しているNPOのスタッフを担当にされましたが、東京にいる事業者とのやりとりが難しいことや、ベイタウン計画での経験を重宝され、曽根さんの事務所に所属しながら、大村先生のスタッフとして働くことになりました。

 都市計画家の大村先生の考える企画設計は刺激的でした。ビーチテラスは海に面した街区でしたので海を臨む場所にたくさんの住宅を配置すれば、高く売れそうな気がしますが、大村先生はむしろ、海に面した場所は大きく空けて、多くの住宅が海への視界を享受する方が街区全体としての価値が高くなるかもしれない(利益が大きくなるかもしれない)と考えました。

 デベロッパーから加点表をもらい、日当たり、方位等、多くのファクターをエクセルに入力して総得点を割り出したところ、海側に多く住宅を積んだ案は、海側を大きく開けた案の得点を上回れずにデベロッパーを納得させ、企画設計図ができあがりました。

 ボクはその後は大村先生の下で、設計調整チームの一員として関わりましたが、師匠の曽根さんに対しても「企画設計の理念とは異なるため、その提案は不可です」とダメ出しをしたり、下剋上の状態で仕事をしました。

 この業務中に私は曽根さんの事務所から独立し、集会場・駐車場棟・中庭の設計監理業務を、三井不動産グループと清水建設グループから事務所の最初の仕事として受注することができました。

幕張ビーチテラス_企画設計模型
企画設計模型
幕張ビーチテラス_パークサイドタウン
10〜11階建と14階建で構成した公園大通り沿いのスカイライン
幕張ビーチテラス_ベイサイドタウンのスカイライン
ベイサイドタウンのスカイライン:歩道用の左側がビーチテラス
幕張ビーチテラス_立体駐車場
ベイタウンでは立体駐車場もデザインします(当日の写真ではありません)

道路

 ひとつの街区に複数の設計者を起用して変化に飛んだ街並みをつくることがベイタウンの大きなコンセプトですが、エリアごとにある程度のまとまりが必要であるとも考えられてました。そのため、複数の街区からなる地区を幹事となる計画設計調整者がまとめてきます。その幹事計画設計調整者が、セントラルパークでは曽根さんであり、ビーチテラスでは大村先生でした。

 幹事計画設計調整者は、地区のデザイン方針を決定するとともに、地区内の公共空間(道路や公園等)のデザインも担当しました。私はここで緩やかに弧を描く道路の設計を担当しました。レンガの舗装パターンから始まり、車止め、街路灯、街路樹等の選定にも関わりました。

幕張ベイタウン_街路
緩やかに弧を描く道路(当日の写真ではありません。日付を見ると2001年11月のものです。21年前!車も古いですね)

幕張アクアテラス(SH-2_1街区):2007年11月〜2010年3月

CUBE工事中
CUBE工事中。ベイタウン唯一の木造かもしれません。

 いよいよベイタウン計画も終盤にかかりました。ビーチテラスの次は、駅から最も遠いSH-2街区です。

 元々マンション用地ではなかったのですが、千葉市の平均世帯人数が計画当初より少なくなったので、計画人口26,000人から逆算し、戸数を増やすことになりました。事業者はベイタウンに関わっている全事業者の中でプロポーザルを行い、三井・清水グループが採択されました。

 曽根さんと私は、ここでもプロポーザル用の企画設計図を作成しました。海に面していることや、ベイタウンの南東角に位置することなどから、ベイタウンの千葉市側(ベイタウンも千葉市ですが)の玄関口として相応しいアイストップとなるような計画が求められました。

 まずは高層街区のアクアテラス。建物は沿道型とし14階建の板状高層棟を中心に構成しました。

 その後はいつものとおり集会所の設計監理。ここではCUBEと呼ばれる木造の集会所を4棟設計しました。この頃は保育所等、子ども関連施設の設計を多く担当してましのたので、キッズルームが必ず入りました。

 詳しくはCUBEのページへ。

幕張アクアテラス_キッズキューブ
KIDS CUBE 1階から中2階
幕張アクアテラス_キッズキューブ地下
KIDS CUBE 1階から床下

THE幕張BAYFRONT TOWER&RESIDENCE(SH-2_2,3街区):2008年3月〜2015年9月

 幕張ベイタウンの最期を飾るのは「THE幕張BAYFRONT TOWER&RESIDENCE」です。ベイタウンで最も高い約125mのタワーをシンボリックに建て、ベイタウンの南東端を閉めるのが役割でした。
 アクアテラスが14階建の板状高層棟を中心に構成しているのに対し、当街区はタワーを中心に開放的でリゾート感あふれる計画としました。

 ちなみに企画設計の真っ盛りに、石嶋家は息子を授かりました。妻は朝早くに産気づき、タクシーを飛ばして産婦人科に行きました。あとはヒヒフーをやれば良いんだなと思っていたところ、助産師から「しばらく生まれませんので、戻っていただいて結構です」と言われましたので、当日午後に開催された会議の資料作成をしに事務所に戻ったことを今でも覚えています。また会議は私が司会をしていましたので、ゼネコンの部長さんにその旨電話で伝え、司会を代わっていただきました。

 企画設計も整い、集会所の設計を開始しました。平屋建でタワーと中庭の間に建ち、タワーの圧迫感を低減する役割も担っていました。

 テーマはもちろんキッズ関係の部屋です。ただ、これまでのキッズとちょっと異なるのは、身体を動かして遊ぶスペースの他に、switchやプレステ等のゲームをするゲームコーナーを設えたことです。子どもたちが集まってゲームをするスペースはマンションのエントランスに限られていました。ソファーを占拠し、子どもたちが黙々とゲームをしているため、腰掛けたい人が座れない、またエントランスの雰囲気にそぐわないという問題がありました。そこで今回は、積極的に子どもたちがゲームをするスペースをつくろうと考えました。

 結果、キッズルーム内は、3つのスペースに分けて計画しました。1)様々な遊具を散りばめ、乳幼児が身体を動かして遊ぶアクティブコーナーと、2)背板が一部抜けた腰高の家具で緩やかに仕切った小学生以上を対象としたゲームコーナーと、3)真ん中には保護者がそれぞれを見守れるラウンジで構成しました。

キッズルーム(アクティブコーナー)スケッチ
キッズルーム(ゲームコーナー)スケッチ
キッズルーム全景
キッズルーム全景

 実施設計も順調に進み、さあ着工!というタイミングで大きな事件が起こりました。2011年3月11日の東日本大震災です。

 デベロッパーやゼネコンは震災対応に追われる中、震災後の湾岸エリアのマーケット変動による影響を考慮し、構造の見直しや防災関連設備の充実等、災害対策に重視した設計変更が行わることになりました。だからといって工事費はそれほど増えないため何らかを削り、工事費を生み出す必要がありました。

 こういう時に真っ先に目をつけられるのが集会所です。私が担当していたキッズルームは機能はそのままでありながらも、戸建の建物から高層棟の1階に変更となり、私の仕事は新築工事から内装工事に切り替わりました。

 キッズルーム前を通ってみました。さすがにジロジロ見るわけにはいきませんので、さりげなく室内を見たところ、ベビーカーと数足の靴が。すでに7年経ってますが、まだ使ってもらえているんだとホッとしました。

キッズルーム
キッズルーム(ラウンジからゲームコーナーを見る)
キッズルーム
キッズルーム(ラウンジからアクティブコーナーを見る)
キッズルーム(ゲームコーナー)
ゲームコーナー
キッズルーム
現在のキッズルーム
THE幕張BAYFRONT_鳥観
鳥観
THE幕張BAYFRONT_全景
全景
THE幕張BAYFRONT
THE幕張BAYFRONT TOWER&RESIDENCEタワー棟
THE幕張BAYFRONT
←の工事中

あとがき

 1991年秋から続けてきた、ボクの幕張ベイタウン物語は、2015年9月のTHE幕張BAYFRONT TOWER&RESIDENCEの竣工をもちまして完結いたしました。また、これは幕張ベイタウンも完成したということを意味します。

 曽根さんの「石嶋は千葉大卒だから幕張担当」の一声から、まさか24年間も関わるこになるとは思ってもみませんでした。でも、これだけ長くひとつの仕事を続けましたので、やり遂げた感でいっぱいです。

 24年間とはさすがに長いもので、道中には公私ともにいろんなことがありました。

・1991年:フレディマーキュリー死去、ソビエト連邦崩壊、曽根幸一・環境設計研究所入社(石嶋)
・1993年:EU発足
・1994年:カートコバーン、アイルトンセナ、金日成死去
・1995年:阪神・淡路大震災、Windows95発売、地下鉄サリン事件、パティオス3番街竣工
・1996年:パティオス11番街竣工
・1997年:香港返還
・1999年:マカオ返還、マリーンデッキ開通
・2000年:結婚(石嶋)
・2001年:アメリカ同時多発テロ事件
・2002年:ワールドカップ日韓大会、日朝首脳会談、拉致被害者5人帰国
・2003年:イラク戦争、SARS流行、セントラルパーク竣工
・2004年:イチローが年間最多安打新記録、曽根幸一・環境設計研究所退社、石嶋設計室創業(石嶋)
・2005年:愛・地球博開催
・2006年:株式会社石嶋設計室設立(石嶋)
・2007年:幕張ビーチテラス竣工、東京オフィスを墨田区横網に開設(石嶋)
・2008年:リーマンショック、息子誕生(石嶋)
・2009年:オバマ大統領就任、マイケルジャクソン死去、東京オフィスを江東区森下に移転(石嶋)
・2010年:幕張アクアテラス竣工
・2011年:東日本大震災、なでしこジャパン優勝、ビンラーディン殺害、金正日死去
・2012年:金環日食
・2013年:東京オフィスを中央区日本橋富沢町に移転(石嶋)
・2014年:クリミア併合
・2015年:THE幕張BAYFRONT TOWER&RESIDENCE竣工

 特に日本では、この間に阪神・淡路大震災と東日本大震災の大きな地震を2度経験しました。さらに、経済に目を移せば、バブル真っ只中にスタートしましたがバブルは弾け、リーマンショックにも直面しました。大規模プロジェクトが軒並み中止や延期になる中、マンションの供給量を調整したり、完成時期を遅らせるなど、官民で様々な工夫を凝らしながらマンションの供給を継続させた幕張ベイタウン計画は、希に見る優れた事業計画を持った住宅地計画だったと思います。

 最近では、すっかり子ども施設の設計が多くなっていますが、今回、久しぶりに幕張ベイタウンを案内し、それをコラムにまとめてみて、私の建築士としての原点はココなんだなと再認識しました。

 私の設計手法は、私がタタキ台の絵を描いて、それを元にスタッフや各分野の専門家によって、より魅力的に発展してもらい、あーでもないこーでもないと議論を重ねながら、ひとつの建物をたくさんの人でつくっていく…。まさに幕張ベイタウンでの設計手法そのものです。この手法が正しいのか間違えなのかは分かりませんが、今から変えるのも難しいので、この設計手法をより極め、さらに良い建物を建築主様にお渡ししたいと考えています。

 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

前編に戻る

ホームページへ