あなたの理想をカタチにする仕事。

私たちは、”我が強い”設計事務所ではありません。このような言い方をするとポリシーのない設計事務所だと思われるかもしれませんが、私たちは「建築家は芸術家ではない」と考えているのです。

設計事務所の仕事とは、建築主のご依頼に基づき、建築主が思い描かれるイメージを図面としてまとめ、工事業者に設計意図を伝えるとともに、適切に施工されているかを確認し、建築を図面通り完成させることです。そのためにも私たちは「建築主が思い描くイメージを最大限に重視すること」を最も大切な要素と考えています。

1. 私たちが考える、ベストな提案をいたします

建築主が思い描いているイメージを実際の建築物にするためには、さまざまな条件を総合的に判断する必要があります。建築基準法などの関係法令から始まり、計画地の環境・風土、経済性・安全性・機能性・耐久性・快適性などにも対応する必要があります。専門家としての経験と知識、そしてセンスが最も試されるプロセスです。

例えば、木造の戸建住宅が建ち並び調和のとれた住宅地に、鉄筋コンクリート造のマンションを建てれば、街並み景観上から考えると違和感のある建物になってしまうでしょう。またむやみやたらとお金をかければ良い建築ができるかといえば、必ずしもそうではありません。

建築主の理想に最も近づくために、私たちはこれまで培ってきた経験や知識を駆使し、私たちが考えうるベストな提案でお答えします。

2. じっくり話し合います

私たちの提案は、あくまで私たちが考えるベストな提案です。時にはそれが建築主にとってベストであるとは限りません。

もし私たちの提案と建築主のイメージに差異が生じたら?そんなときは、ご納得いただけるまでじっくり話し合います。建築主の理想像と私たちの考えをすり合わせ、最高のカタチにまとめあげていきましょう。スケッチ・CG・模型などさまざまなツールを駆使して、具体的なイメージをビジュアル化します。双方がその思いを共有し「これでいこう!」と心から思える最適なプランになるまで、じっくりと向き合うこと。これが私たちが何よりも大切にしていることです。

3. 「ふつうの建築」をご提案します

建築主のイメージを具現化することが私たちの仕事。ですから「どうしても」と言われれば奇をてらったデザインや尖った提案もいたします。しかし基本的には私たちが考える「ふつうの建築」を提案します。

「ふつうの建築」とは、時代や環境が変わっても住まう人・使う人の傍にそっと寄り添い続け、素朴でありながら上質であたたかい、普遍的な建築であると私たちは考えています。