築30年の木造住宅のフルリフォーム

S邸リフォーム(竣工:2014年5月)

stei1_ldk

 私の父の代からお世話になっている医師のご自宅のフルリフォーム。床、壁、天井、すべて解体して新しい間取りにつくり替えました。

 2階は家族が集まる場、LDKや風呂を中心に構成しました。LDKは切妻の天井とすることで天井高を確保して開放的な構成とし、濃茶色に染色した丸太の梁や柱、チークフローリングと白い壁の組み合わせでシックな雰囲気としました。また開口部には障子を設置して断熱効果も高めています。

 一方1階は、主寝室、2つの子ども部屋、趣味の楽器の練習部屋を設けました。地中に水脈があるためリフォーム前は湿気が高くほとんど使用できなかったようですが、リフォームにあわせて床下に炭を巻き、さらに壁に調湿作用のあるエコカラットを貼り、湿気をなくすことができました。近隣の住宅が迫っており、日当たりがあまり良くなかったため、2階とは異なり明るめの材料を用いることで、快適な部屋をつくることができました。

 古い柱に刻まれていたお子さんの成長の記録を新しい柱への移設、旧宅の材料の再利用等、旧宅の記憶を残しつつ、新しい住空間に再生することができました。

LDK

LDK

主寝室

趣味の部屋

階段

お子さんの成長が刻まれた柱

工事中2階

工事中2階

工事中1階

計画地 東京都豊島区
用途 専用住宅
家族構成 夫婦+子ども2人
延床面積 137.89m2(41.71坪)
階数 地上2階
構造 木造