穏やかな自然光と木のぬくもりが心地よい園舎

グローバルキッズあざみ野園(竣工:2014年4月)

グローバルキッズあざみ野園_外観

 横浜市の認可保育所の計画。東急田園都市線あざみ野駅から急な坂道を登りきった小高い丘の上に建つ園舎です。

 外観は2階建で、屋根・壁ともすべて黒いガルバリウム鋼板で覆った特徴的な外観としました。対比的に室内は、ホールと屋内階段の仕切りに木の縦ルーバーを用いました。保育室には腰高の羽目板を貼り、木のトップライトから自然光を採り入れる等、木材を多く用いました。縦ルーバーで仕切ることで、子どもたちの安全性を確保することと同時に、階段を通じて上下階に空気や自然光を柔らかく送ることが可能となりました。

 この園舎の特徴は、多彩な開口部です。ホールや玄関の突き当たりにはピクチャーウィンドウを設けて、周辺にの緑を効果的に園舎内取り込みました。また北側に面したホールや屋内階段にはトップライトを設け穏やかな自然光を取り込みました。いずれも額縁には集成材を用い、奥行きのある木の筒を通して優しく自然光や景色を採り入れることに成功しました。

 2階の保育室では、欄間をガラス貼りにすることで、切妻の勾配天井が連続していることが感じられるようにしました。また、玄関の上部2階保育室には、保護者が帰ってくることを楽しみに待つ地窓「お迎えの窓」を設けました。

 階段下には黒板塗料を塗った子どもたちの基地を確保しました。天井も低く囲われたスペースですが、木のルーバー越しにホールからも内部が見え、十分い安全性には配慮しています。

 園庭はすべて人工芝です。法的に2階からの避難経路を平らにする必要があり、その結果1mほどの高低差ができてしまいましたが、子どもたちはなだらかな丘を登ったり滑ったりしながら新しい遊びを生み出して、元気よく遊んでいます。

外観

外観

廊下

階段を覆う木ルーバー

階段

トップライトとピクチャーウィンドウ

階段下の基地

2階保育室

1階保育室

お迎えの窓

段差のある園庭(写真:黒住直臣)

計画地 神奈川県横浜市青葉区
用途 認可保育所
定員 60人
敷地面積 771.85m2
建築面積 265.11m2
延床面積 445.97m2
構造 鉄骨造
階数 地上2階建
外装設計監理 大和ハウス工業株式会社
内装設計監理、外装監修 石嶋設計室
メディア掲載 内装木質化ハンドブック/2014年

株式会社グローバルキッズ