子どもたちの発達を促す4段の屋上園庭

立華学苑(たちばながくえん)(竣工:2022年4月)

立華学苑_屋上園庭

 台東区谷中の認可保育所の建替計画です。私たちは設計にあたって、3つのコンセプトを提案しました。

 一つ目は、コンクリート打放しとカラフルな出窓で構成した外観です。
 出窓をランダムに加えることで、優しさと賑やかさを併せ持った外観をつくりだしました。出窓がつくる影は、壁面に変化を与えるとともに、時間や季節の移り変わりを子どもたちに教えてくれる保育士の役目も担っています。

 二つ目は、「和の趣」をもった内装。寺院が多く立地する谷中地区に建てられることから、和の趣をもつ内装が自然と導き出されました。
 玄関は、木の格子を四周巡らして木質感溢れる空間としました。さらに壁面を照らす間接照明を仕込むことで、ほっとする優しい雰囲気をつくり出し、園舎の顔として相応しいデザインとしました。
 1,2階の保育室は、出隅にコーナーガードを兼ねた付け柱、照明を組み込んだ市松模様の格子天井、ひのきのフローリング等で、和の趣を持った保育室としました。

 三つ目は、充実した園庭の確保です。隣接して広大な防災公園があるため、走り回る活動はそちらで行うことと考え、3歳以上児が主に使用する屋上園庭は約1mずつ高さを変えた4段の庭で構成し、子どもたちの発達を促す園庭を目指しました。
 1段目の園庭は「食べる庭」。天気の良い日は同じフロアの調理室から給食を持ち出してランチをとることも可能です。
 2,3段目は「遊ぶ庭」。様々な遊具を散りばめ、子どもの運動能力の発達を促す庭としました。最も大きな2段目の庭ではプール遊びを想定しており、真夏の紫外線から子どもたちを守るよう、大型の日除けシェードを常設しました。
 最上段は「育てる庭」。果樹、野菜、ハーブ等を子どもたち自らが育て収穫する庭です。花や実には鳥や虫が訪れ、子どもの五感の発達を促す庭としました。
 さらに最上段の育てる庭と1段目の食べる庭をらせん階段でつなぐことで、4つの庭をぐるぐる巡ることができる回遊性を確保しました。
 一方地上には、1,2歳児専用の園庭を確保しました。小さいながらも植栽や砂場を設け、大きい子に邪魔されずにゆっくり遊べる園庭としました。

鳥観

カラフルな出窓のファサード

夜景

幼児保育室

乳児保育室

玄関

屋上園庭1段目:食べる庭

屋上園庭2,3段目:遊ぶ庭

屋上園庭3段目:箱遊具

屋上園庭最上段:育てる庭

屋上園庭2,3段目:ボルダリングウォールと滑り台

屋上園庭2段目:大型日除けシェード(撮影:黒住直臣)

計画地 東京都台東区
用途 認可保育所
定員 75人
敷地面積 3332.37m2
建築面積 261.80m2
延床面積 491.69m2
構造 鉄筋コンクリート造
階数 3階建

立華学苑(たちばながくえん)